「成功の9ステップ」ライブセミナーA席 【ご紹介特別割引価格】

2013年12月27日

実は会社のルールに守られているって気づいてますか?

こんにちは、anianiです。

巷では富士山がもうすぐ大噴火するのではないかと噂されてます。
周期的にそのような噂は出回りますが、
今回は富士五湖の水位が下がっていたり、こうもりが逃げだしたりなど、
至る所に、前兆となるものが現れているようです。

続きは編集後記で。

----------------------------------------------------------------------

前回、唐突ながらいきなりリストラの話を書きました。

もちろんメルマガのタイトルが「脱サラリーマン思考」なので、
リストラの話をすることも見当違いではないのですが、
これには諸事情がありまして・・・。

ぶっちゃけて言うと、身近な人がリストラされたのです。

どのような経緯でリストラされたのかは、
プライバシーの問題もあるので詳しくは書けませんが、
一言で言うと、本人がもたらした結果です。

会社都合(?)の退職扱いにしてもらえて、
退職金も微々たるものは出してもらえたそうです。

背景を考慮すると、
本来であれば懲戒解雇でもおかしくないはずのところ、
会社の温情もあっての結果だったようです。

ちょっと話を変えて、
会社の就業規則ってしっかりと目を通したことはありますか?

自社の売上高など、あまり気にしない方もいらっしゃるようですが、
就業規則はしっかりと読んでおいた方がいいですよ。

全く悪気なくやっていることが、実は就業規則違反だったり。
ちょっとした交通費でもちょろまかしてしまうと、
業務上だけではなく、法律上まずいことになってしまったり。

副業が禁止されていたり、株式などの投資活動が制限されていたり、
業務時間中のインターネットの使用が禁止されていたり。

今の時代、上記の二つはナンセンスだと思うんですけどね。

会社勤めをしている以上、一定のルールに従う必要があるのですが、
それって結構面倒くさかったりします。
でも、実はそのルールのおかげで自分が会社に守られている、
ということに気づかない人が多いのもまた事実です。

誰かが作ったルールより、自分でルールを決める側に回った方が、
愉しいことがたくさん待ってるんですけどね。

はい、今日もあまりまとまりのない内容になってしまいましたが、
前回書いたように、リストラとして肩たたきされたときに、

やったーーー、これで好きなことに打ち込める!!
もう雇われなくていいんだ!!

って思えるように考えていきたいです。

長文読んでいただき、ありがとうございます。

----------------------------------------------------------------------

編集後記

せっかく世界遺産への登録が決まったのに、
大噴火したら景観もぐちゃぐちゃになってしまうでしょう。
それよりも人命が失われるなどの被害の方がもっと深刻です。
今回の富士山大噴火は本当なのかどうかわかりませんが
備えあれば憂いなし(?)ということで、定期的に防災セット見直しませんか?

防災セット

ある番組でやってたのですが、
非常食の定番、カンパンは非常にバランス良く栄養が含まれているそうです。

でも、富士山噴火の前兆というよりは、
実は今話題になっている新島のことだったのかもしれませんね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


ラベル:ルール 会社 解雇
posted by aniani at 15:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 脱サラリーマン思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月24日

リストラ部屋

こんにちは、anianiです。

缶詰バーって知ってますか?
本当にお酒を飲むバーの感じで、
扱っているのはお酒ではなく、缶詰なんです。
いまではいろんなところに店舗をかまえているようです。

続きは編集後記で。

----------------------------------------------------------------------

みなさん、リストラ部屋ってご存知でしょうか?
もちろんその名前は通称で、実際には
「キャリアデザイン室」とか、
「キャリアデザインセンター」という名称の、
部署として存在していたりします。

自分で仕事を探しなさいと指示され、
長机とパイプ椅子がある部屋に押し込まれる。
そんな部屋です。

要するに、会社から辞めなさいと暗に言われているのであって、
リストラされているのと変わりはありません。
たしかこういう部屋はセガが、はしりだったような記憶があります。

さて、リストラとして肩たたきされたときに、どう思うか。
やったーーー、これで好きなことに打ち込める!!
あぁ、人生終わった・・・。
会社を訴えてやる!!
などなど、いろんな感想があると思いますし、
その人が置かれている状況によっても違ってくるでしょう。

まだ幼いお子様がいて、養っていかなければならないとか、
介護が必要な親がいて、収入がストップしてしまうと辛いとか、
どうしても会社にしがみつかざるを得ない状況もあると思います。

そういうリストラの状況もあれば、逆パターンのように、
退職金が減額される直前で退職する教師が話題になった時期がありました。
学年が終わる3月前にやめちゃったんですね。

それをワイドショーの街頭インタビューで
「無責任だ」なんて言っている人たちがいましたが、
退職していく先生たちにも事情があるわけですし。

退職金が減額されてから辞めたのでは、
150万円近く差が出てしまうケースもあるとのことでした。

当時の文科省大臣が「誇りを持って」とか言ってましたが、
誇りだけでは飯は食って行けないですし、
食わせてもやれないのですよ。
逆に退職金を減額する時期などをもっと考慮すべきかと。
そこら辺のさじ加減って公務員の方が難しいのでしょうか?

ともあれ、

わたしもいつリストラされるかわかりませんが、
その時を心待ちにできるように今から準備しておきたいものです。

やったーーー、これで好きなことに打ち込める!!
もう雇われなくていいんだ!!

って思えるように。

長文読んでいただき、ありがとうございます。

----------------------------------------------------------------------

編集後記

缶詰バーだけではなく、市販されている缶詰も侮れません。
一時期いなばのタイカレーが話題でしたが、
タイカレー以外にもいろんな種類の缶詰を出しているんですね。

http://sleggar-law7.com/rakuten/list/%E3%81%84%E3%81%AA%E3%81%B0+%E7%BC%B6%E8%A9%B0.html

もちろん犬や猫のペット用もあるのでご注意ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
posted by aniani at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラック企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

本当のサムライとは?

こんにちは、anianiです。

昔、とあるお客様先で、パソコンのサポートをやっていたことがあります。
多かったのがキーボードへの飲み物こぼし・・・。
デスクトップが多かったので、キーボードの交換だけで済んだのですが、
今はノートタイプが主流ですよね。

続きは編集後記で。

----------------------------------------------------------------------

さて、ネタ的にはもう古くなってしまった感がありますが、
WBCの準決勝について、私の考えでは「ディスボール」であるべきと
書いたところまでが前回の記事の内容です。

今回はその続きです。

ダブルスチールを仕掛けるとき、1塁走者は2塁走者のスタートを
確認しながら走るのがセオリーとなっています。
ですが、今回は2塁走者の井端が走るのを止めたにもかかわらず、
1塁走者の内川が井端が走りかけたのを見て、目を離してしまった。

あの場面の重盗のサインは「行けたら行け」の「グリーンライト」。
このボールで盗塁しろという「ディスボール」ではありませんでした。
あのような場面で、走者に判断を委ねてしまう采配が正しかったのか。

会社や組織の中では、重要な決断をする際には、
責任の所在を明確にする必要があると思います。

それは責任転嫁するためではなく、
失敗した原因を追求して、意志決定プロセスを評価し、
その失敗を次の成功につなげるためです。

責任を取るのがリーダーの仕事。

映画「踊る大捜査線2」で室井さんが言っていた言葉ですが、
責任の所在が明確になっていなければ、
誰も責任を取ることがなくなってしまいます。
故にその失敗が次に活きることもありません。

さらに失敗した際に、選手に矛先が向くことも
容易に考えられたと思います。

ですから、WBCのあの場面で盗塁させるのであれば、
選手が迷うことなく、次の塁に進むことだけに集中させるために、
「ディスボール」のサインがふさわしかったと考えています。

成功すれば選手の手柄。
失敗すれば指示を出した監督の責任。
監督は選手が最高の力を発揮できるように環境を整えるのが仕事。

それなのに、責任の所在を曖昧にしてしまったことが、
非常に残念でなりません。

しかし、私がもっと残念に思ったことは・・・






塁間にはさまれた内川が、
生き延びることを諦めてしまったことです。

どんなにぶざまであっても、
世界中から笑われたとしても、
走ることを止めるのではなく、
生き延びるために最後までもがいてほしかった。

長文読んでいただき、ありがとうございます。

----------------------------------------------------------------------

編集後記

最近では、こぼれないマグカップが話題になっています。
http://sleggar-law7.com/rakuten/list/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%B0.html

吸盤でくっつけるので、平らなところであればどこでもOKですね。
こんなものがあの頃にあったら、
廃棄キーボードの山はなくなっていたでしょうに・・・。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ラベル:サムライ 重盗 WBC
posted by aniani at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 脱サラリーマン思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。